‘山伏の日々彼是日記’ のページ

宮城・岩手の旅。

2019-03-12

皆さまいかがお過ごしでしょうか。

東日本大震災から8年。今年も仲間達と宮城・岩手を巡ってきました。
宮城県の古川で仲間二人と合流して、先ずは震災の時にお世話になった小牟田の松景院さんにお参り。皆さんお変わりない様子で、道中の安全祈願の後にお寺の事やお互いの現状など、積もる話に花を咲かせました。

IMG_7492

松景院を後にして石巻の後輩を尋ねました。大宝院というお寺。後輩が震災後に活動をしていくうちに移住する決心をして建立したお寺です。借家を改装したお堂ですが、ここで他の仲間たちと毎年、復興祈願の護摩のお勤めをしており、今年も皆でお勤めしました。

IMG_7497

翌日は降りしきる雨の中、車で日和山公園にてご供養のお経を捧げました。

IMG_7503

続いて追悼慰霊碑がある女川町役場に移動して、風雨が強まる中、こちらでもお経を捧げました。

IMG_7506

我々三人はここで後輩たちに別れを告げ北上しました。

大変だろうけれど頑張ってほしい、誇れる後輩です。

IMG_7515

女川から車で2時間、岩手県陸前高田市にある金剛寺さんに到着。

IMG_7519

震災後に再建された立派なお堂です。
ここで岩手のお世話になっているお仲間達と午後2時からお勤め供養、そして2時46分を迎え皆で祈りの黙とうを捧げました。
金剛寺さんから見渡す陸前高田の街並みも年々変化していることに気づかされます。

IMG_7521

一本松は変わらない姿でしたが、様々な思いの中で復興という変化を進めている高田の風景が印象的でした。

IMG_7523 (2)

陸前高田を後にしてこの日の最終目的地、岩手県宮古市へ移動。石巻から陸前高田に移動した時もそうだったのですが、高速道路がどんどん完成していて、以前より格段に移動時間が短縮されていく事にとても驚きました。高田からおよそ2時間、予想よりもかなり早く宮古市の長根寺さんに到着。震災以降、とてもお世話になっているお寺さんです。
毎年宮古の岸壁で夢灯り灯ろう供養を行っているのですが、今年は風雨が激しく長根寺さんでお勤めをしました。

IMG_7530

自然にはあながう事は出来ません。それを受け入れ皆で一心に祈りを込めました。

IMG_7529

スケジュール的にはとてもハードなスケジュールでしたが、今年も沢山の方にお会いする事が出来ました。
年数を重ねていけども、これからも変わらず勤めていきたいと思います。

IMG_7534

ではまた。

3月6日。

2019-03-06

皆さまいかがお過ごしでしょうか。

雪解けもだいぶ進み、春の訪れを予感させる穏やか日々です。
そんな中、自分も誕生日を迎えました。43歳になってしまいました。
歳は取りたくないなという気持ちが年々増します。

そして先日、埼玉の秩父に行ってきました。毎年恒例の火生三昧に。
旧知の仲間たちと一生懸命にお勤めが出来るって幸せな事だなと、しみじみ感じました。これもまた歳のせいですかね・・

IMG_7386

IMG_7387

IMG_7377

今年も変わらず頑張ります!!!

星祭り御礼。

2019-02-26

皆さまいかがお過ごしでしょうか。
ようやく長い冬から解放され春の足音が聴こえる頃となってきました。

さて、昨日25日午前11時より当山恒例の節分会厄除け星祭り大祭が厳修され、大勢の方にお参り頂きました。
当日は横笛奏者のヒロマサさんによる笛演奏奉納や豆まき、開運くじ引きなども行われ、皆さまとともに笑顔が絶えないお祭りとなりました!
豆まきでは先日280キロのマグロを釣って話題になった大間のマグロ漁師さんも加わり、縁起が良いと皆さんに引っ張りだこになっておりました。

IMG_7240
星祭りは皆さんの一年の平穏無事をご祈念致します。
事前にお申込みを頂いて、当日にそれぞれの星祭りお札をお渡し致します。

IMG_7225

IMG_7231

IMG_7228
お祭り終了後にはくじ引きがあり、景品には住職作の凧絵等もあります。

IMG_8523

IMG_7236
ヒロマサさんによる笛の演奏奉納。笛の音が優しく響き渡りました。

IMG_8531

IMG_7244

IMG_7245
護摩の炎が上がり、その煙が龍の如く天上に上りました。

IMG_7246
豆まきでは大間のマグロ漁師さんも参加して大いににぎわいました。

IMG_7252
くじ引きの特等は凧絵です。
他にも生活用品などを用意しました。

皆さんにとってこの一年が良い年でありますように。
ではまた。

さよならソラ。

2019-02-05

皆さまいかがお過ごしでしょうか。

我が家の家族であるウサギのソラが昨日旅立ちました。
私はその時愛知県にいて、早朝母からの電話でそれを知りました。
10年間、多くの人に可愛がられ親しまれたウサギです。
静かに旅立ちました。

IMG_3063

IMG_1226

IMG_4290

IMG_0807

当たり前にいるその景色が当たり前でなくなる時の寂しさは人間も動物も変わりないものです。
今まで本当にありがとう。

IMG_2239

安らかに。

一月も早やいもので・・

2019-01-29

皆さまいかがお過ごしでしょうか。
気が付けばもうすぐ2月!
うそでしょ!という速さです・・
今年は比較的しっかりと雪も降り、除雪とお仕事に追われております。

IMG_7045

IMG_7043

寒いのは苦手です。
そんな中、新年会と称し様々な集まりごとがありました。
自分は色々な方と接するのが好きです。そして笑顔を見るのが大好きです。

IMG_7058

IMG_7069

IMG_7072

今年も沢山の方と笑顔で過ごせたら良いなと願います。
ではまた。

京都にて。

2019-01-17

皆さまいかがお過ごしでしょうか。
お正月もあっという間に過ぎ去り、気が付けばもう中旬。何かと慌ただしい日々でした。

そんな中で先日、京都に行ってきました。東寺で毎年7日から14日まで厳修される御修法(みしほ、みしゅほう)といわれる天皇陛下の玉体安穏、世の中の平穏無事を祈るお勤めの陣中お見舞いに今年も伺ってきました。
久しぶりの京都。

IMG_E6899

雪が無いのがうらやましい。

IMG_6898

天皇陛下のお衣替え
宮中から特使がこの中にある「御衣」を運ばれて、それを1週間、二十一座のお勤めを重ね献上されます。中の「御衣」は箱に納められていて、関わる真言僧侶ですら見たことはありません。
いわゆる「象徴的」なものです。
弘法大師が始められてからおよそ1200年間続いてきたお勤めです。

IMG_6904

IMG_6944

真言宗十八本山の各お山から僧侶が集い供僧(くぞう・くそう)さんとして堂に籠り御祈願されます。
お堂には一般の方は勿論、我々も入れません。
昔、供僧さんに仕える承仕(じょうじ)として一度勤めた事がありますが、昔から続くそのお勤めは他言無用とされ秘密のベールに包まれています。

京都の歴史と四季を感じるひとつの風景ですね。

IMG_6931

IMG_6930

IMG_6932

毎年のことながら他のお堂もお参りしました。
椿の花が咲く京の都、そして街は活気にあふれていました。

IMG_6953_Moment

海外の旅行者がとても多いですね。その辺がひと昔前とは全く違います。
衣屋さんにも行きました。

IMG_E6891

昔の面影はなくきれいに改装されて、スタイリッシュなショップのようになっていました。

滋賀県の琵琶湖のほとりにあるお香屋さんにも足を運んで沈香とお線香を買いました。
沈香というお香は香りの種類は様々で、産地や環境等で全く香りが異なり、価格もそれなりのものです。沢山は買えませんので自分は葬儀や特別な時に使います。

香り・供華・お経、それぞれがひとつになって場が「荘厳」されます。

IMG_6963

お香屋さんの親父さんおススメ「カリマンタン島」の沈香を40グラム購入しました。
ネットで何でも手に入る時代ですが、それでも対面で品を見定める。手間にはそれなりの意味があると思います。

二泊三日の京都旅。あっという間でしたが、先輩や後輩、懐かしい方々にお会いできてとても楽しい旅でした。

IMG_6896

ではまた。

あけましておめでとうございます。

2019-01-04

皆さま、新年明けましておめでとうございます。
お正月、いかがお過ごしになりましたでしょうか。
年末の大雪も収まり、穏やかな三が日、多くの方にお参り頂きました。

大みそかは、金剛寺で夜11時30分より年越し護摩を、深夜12時30分より黒石・愛宕山地蔵院にて年越し護摩祈祷を行いました。

雪が多かったので趣向を凝らしてカマクラ灯篭を作りました。
黒石の地蔵院参道がこちら↓
IMG_6795

金剛寺の参道がこちら↓
IMG_6792
こちらは妹が一生懸命作りました。

どちらも、深夜にもかかわらず多くの方にお参り頂きました。
金剛寺の様子
IMG_6798

IMG_6797

IMG_6796

愛宕山地蔵院本堂
IMG_6790

明けて元旦の新春初護摩供にも沢山の方にお参り頂きました。
三が日まではご祈祷のみのお勤めをいたしており、本日4日からは通常のお勤めになりました。

明けてからは本当に穏やかな日が続いていて、冬将軍も小休止といったところでしょうか。
でも油断は出来ませんね。

皆さまにとって良い一年になりますよう、心からお祈り申し上げます。
では。

大みそか。今年もお世話になりました!

2018-12-31

皆さまいかがお過ごしでしょうか。
いよいよ今日は大みそか。一年の締めくくりです。
しかしながら連日の大雪によって除雪に追われ、どうにかこうにか準備が整ったという感じです。

IMG_6777

金剛寺の除雪に二時間、黒石のお寺に二時間。除雪で午前中が過ぎ去ってしまいます。そしてまた降り積もる。
夏には洗車をすれば雨に降られ、秋に落ち葉掃きをすると風に散らされ、冬は雪に降られ、さながら諸行無常の理を実感しています。

それもまた人生、無常を感じるからこそ喜びも感じる事が出来るのだと思います。
この一年、皆さまには大変お世話になりました。
来る新年も、皆さまにとって良い年になりますよう、心よりお祈り申し上げます。
では。

IMG_6778

師匠も弟子も走る師走。

2018-12-23

皆さまいかがお過ごしでしょうか。

更新がだいぶ滞りました。
何かと忙しい日々ですが、年の瀬の多幸感を感じています。

一日、一週間、一か月が年々早く感じて、結果一年があっという間です。
年々忙しさも増しているような気がしますが、忙しいという事は「求められている」という事だと自分なりに理解しています。

やらなければいけないことがドッサリありますが、まずは一つ一つ正面から向き合って乗り越えていこうと思います。

ここ一週間は穏やかな陽気でしたが年末年始は寒波が訪れるようです。
皆さまお気を付けください。

IMG_6658

畑には秋の名残のカリンが。
来年こそはカリン酒を作りたいな・・と毎年思いながら今年もまた・・
では。

大祭・神戸・テラハク・広島。

2018-12-05

皆さまいかがお過ごしでしょうか。

ご無沙汰しましたが、この一週間は怒涛の日々でした。

まずは大祭。11月28日(水)お砂踏み法会も無事に終わりました。
その時の写真は撮る余裕がなく伝わりませんが、沢山の方にお参り頂きました。

IMG_6412

華やかにお供えされた花が印象的でした。
翌29日から一泊二日で神戸へ。真言宗の若手僧侶による結集(けつじゅう)という年に一度の記念法要でした。神戸の中山寺と須磨寺を会場に多くの僧侶が集まり、皆でお勤めをしました。およそ300人の大きな行事です。懐かしい人にも会えて沢山語り合いました。

IMG_6433_Moment

IMG_6438

IMG_6529

IMG_6441

そして青森へとんぼ返り。30日にはテラハクの設営に合流しました。
12月1・2日と弘前市の百石町展示館で第三回テラハクが開催されました。
お寺に関心をと、津軽の真言寺院による催しでた。今回も多くの方にご来場頂きました。

IMG_6469

IMG_6485

IMG_6480

IMG_6487

IMG_6488

IMG_6501

IMG_6511

IMG_6528

IMG_6520

IMG_6526

無事に終わり翌3・4日と広島・尾道へ。
こちらは自分が所属する醍醐派の青年僧侶の会の総会でした。
こちらも若手僧侶が今できることを熱く議論しました。
建設的な意見を交えることが出来るという事は、本当に幸せな事だと思います。
時代や人のせいにせず、これからも全力で社会に飛び込んでいかなければと再確認しました。

IMG_6552

IMG_E6556

IMG_E6550

かなりタイトなスケジュールでした。
気が付けばもう12月。一年て本当にはやいですね。
先ずは健康第一で一日一日をこつこつ頑張りましょう。

IMG_6539

では。

« Older Entries
Copyright(c) 2011 Kongoji.com All Rights Reserved.