今何が出来るか。

2018-07-09

皆さまいかがお過ごしでしょうか。

ご存知の通り、先日の西日本豪雨災害について、心よりお見舞い申し上げます。

先輩や後輩が広島や岡山におりまして、先ずは無事だという事でした。

テレビでは主だったところが集中的に映し出されておりますが、映し出されていない至る所で大変な状況だそうです。思いもよらないその状況に、皆さんとても不安な気持ちでいらっしゃると思います。

各地にいる僧侶仲間のグループLINEでそれぞれに情報を集め、今は何よりもまず水が必要だとの事でした。第一弾として熊本からトラックで水や食料、おむつや生理用品などを積んで尾道へ出発したそうです。

自分も宅配可能かどうか宅急便に問い合わせ、地区によって大丈夫だとの情報を得て、野菜ジュースとリンゴジュースを尾道と総社市のお寺に数ケースずつ託しました。

 

東日本や熊本の震災の時に感じたことは、「必要なものは刻々変わる」ということです。情報を基によくよく考え、たとえ小さくとも自分に出来ることを行動に移すということを肌で感じました。

日ごろ僧侶として多くの方に支えられている自分として「今何が出来るか」は常に考えなければならないと思います。

津軽から遠く離れた所ですが同じ空の下、皆でこの困難を乗り越えていきたいです。

Copyright(c) 2011 Kongoji.com All Rights Reserved.