榊(さかき)と樒(しきみ)。

2015-01-15

ここ2,3日、穏やかな日が続いております。このまま雪が消えてほしいと願っておりますがそうはいきません。明日からまた冬の天気が続くようです。

さて、新年も無事に迎えてひと段落。花もだいぶくたびれてきたので変えることにしました。正月に榊(さかき)を使ったのですが、これはまだ日持ちがするのでそのまま使いました。下の写真が榊です。主に神さまに供えるものとして使います。

榊1

榊といってもこちらの榊は少し種類が違います。京都にいた時はこれを「びしゃこ」といい、山に入って採ってきたものです。そこでは仏さまでも神さまにでも供えられるオールマイティーな存在でした。
こちらではこれを榊として用います。供えた榊がこちら。

榊2

ワイルドです。花がないので余計にそう感じます。

そして、今回は父が樒(しきみ)を買ってきたのでそれも供えました。
樒は主に仏さまに用います。樒はこの地域では冬を越すのが難しく育たないので貴重です。それがこちら。

樒1
護摩などでも使用します。独特な香りがします。供えた樒がこちら。

樒2

こちらも花がないのでワイルドです・・センスがなくてすみません・・・
全部変えるのはとても時間がかかります。そうこうしているうちにウサギが花を食べにきました。

ウサギ1

ゆりの花粉が着いて黄色くなってしまいました・・

ウサギ2

そんなこんなでなんとかお堂の花変えが終わりました。
お参りに来られた時は榊と樒の違いを見てみてください。

Copyright(c) 2011 Kongoji.com All Rights Reserved.