高尾山登拝修行。

2015-03-30

だいぶ春らしくなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。
車のタイヤもやっと夏タイヤに替えました。

さて、先日私の所属するお坊さんの青年会行事で東京に行ってきました。今回は高尾山登拝修行が行なわれました。
前日の夜に東京入りしたのですが、早いところではすでに桜が咲いていました。

桜

翌日、高尾山のふもとにあるお堂に集合して修験装束(衣体)に着替え、お勤め(御法楽)をして法螺貝を立てて(鳴らして)出立(出発)!
当日はたくさんのハイキングやお参りの方がいて、我々の姿に気付くと皆驚き、カメラでパシャパシャ撮られました。
ざーんぎざーんげ! ろっっこーんしょーじょー! (慚愧懺悔 六根清浄)
と大きな声で掛け念仏をしながら進む事20分。琵琶滝という水行場に到着。
担当の方から心得などを丁寧に教えて頂きながら、ひとりずつ水行を行ないました。もちろん私も。

滝行

水はとても冷たかったですが、お陰さまで良い水行を経験させて頂く事が出来ました。
水行場を後にして、一路山頂へ。途中たくさんの一般の方とすれ違う度に挨拶を交わしました。「こんにちは」と声をかけると向こうも自然に声が返ってきます。山に入れば見ず知らずの方でも気軽に挨拶を交わすことが出来るのです。たとえ東京でも。とても気持ちが良いです!
そして山頂に到着!!あいにく富士山は薄いもやの中でしたが、それでもその雄姿拝む事が出来ました。
集合写真も皆とても良い表情です。

集合写真

その後本堂でお勤めの護摩祈祷をして頂き、ふもとへ戻り解散となりました。
普段中々会えない仲間とこういう形で会い、共に行をする。修行とはいえ、とても貴重な有難い時間でした!
一般に山伏と聞くとゴツゴツした怖いイメージがあるかも知れませんが、そんな事は全くありません。皆で山に入り自然に学び感謝する。山に入れば皆素直になれるのです。それを日々の行に生かす。とてもシンプルなものだと僕は思います。

登拝修行を終え帰ってきたら、庭の福寿草も一斉に咲き誇っていました。

福寿草

岩木山も穏やかな顔で、春の夕暮れがとても美しかったです。

岩木山

Copyright(c) 2011 Kongoji.com All Rights Reserved.