京都にて。│真言宗 赤倉山 金剛寺 京都にて。 | 真言宗 赤倉山 金剛寺
ハンバーガーメニュー

山伏の日々彼是日記

京都にて。

皆様いかがお過ごしでしょうか。
いつもの事なのですが、年が明けるとあっという間に1月も過ぎて行き、気がつけば中旬です。

そんな中、駆け足で京都へ行ってきました。御修法「みしほ」という、東寺で毎年お勤めされる鎮護国家・五穀豊穣などを祈る真言宗における最高の儀式の陣中お見舞いに行ってきました。しかしながらその時だけスマートフォンを宿に忘れたため画像がありません。
今回はそれ以外の京都旅についてになります。

自分は飛行機から眺める空の景色が大好きです。

大阪空港に無事着陸してバスで京都へ。観光シーズンに比べれば人は少ないですがそれでも外国人の旅行者などで賑わっていました。

この門松は四条烏丸にある大丸百貨店のものです。あまりにもお洒落で思わず二度見しました。こういうセンスが刺激になりますね。
そして、いつもお世話になっている衣屋さんへ。

衣は通常、カタログを見て電話で注文するのが一般的です。どんなに高くても電話一本で送られて来ます。
とはいえ、そういう価格の品こそじっくりと現物を見て考えたいのです。
今回は紋白五条(もんぱくごじょう)という袈裟を見せて頂きました。

ちょっとわかりにくいですが上の袈裟がそれです。
普段の法事やご祈願などで使用しているのですが、かれこれ20年経過して痛みが激しく、購入の検討と併せて修繕を相談しました。
このやり取りが直接出来るというのがうれしいです。
普段、見て買うという事が出来ない土地柄なので。

そして次は滋賀県のお香屋さんへ。

琵琶湖のほとりにあるお香屋さんです。ここ数年なかなか行けず電話でのやり取りで取り寄せていたのですが、今回やっと行けました。
店主さんもお元気そうで、お久しぶりゆえにお香話に花が咲きあっという間に時間が経ってしまいましたが、おススメのお香を手にすることが出来ました。

夜は京都在住の友人と食事を共にして近況報告などに花が咲きました。

そんなこんなで無事に京都での日程を済ませ帰路へ。

暖冬とは言え、津軽平野は雪景色。

うさぎのサラも「おかえり」とねぎらってくれました。
あっという間の京都旅でしたが、新たな刺激ももらいました。
この一年また様々な学びや気づきを得ながら頑張っていきます。
ではまた。

ブログ一覧へ