津軽のカミサマ。│真言宗 赤倉山 金剛寺 津軽のカミサマ。 | 真言宗 赤倉山 金剛寺
ハンバーガーメニュー

山伏の日々彼是日記

津軽のカミサマ。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

先日、お世話になった方の訃報が入りました。
津軽では「カミサマ」と言われる、巫者のおばあちゃんの旅立ちでした。わかりやすくいえばイタコさんのような、人々の悩み苦しみに対して、癒しや教えなどを説く人の事です。

岩木山のふもと、赤倉にあるウチの山のお寺におよそ五十年籠もっていたカミサマ。
自分が小さい頃は赤倉に寺社仏閣が点在していて、そこに沢山のカミサマが籠り修行の日々を送り、カミサマを慕って参詣の方が訪れ、とても賑わっていました。今はその影もなく山はひっそりとしています。
そういった民族文化は記録にはほぼ残っておらず、その時代を生きた人の記憶にだけ存在します。

カミサマは晩年、施設に入ってて穏やかに過ごしていました。
小さい頃から可愛がってくれて、おばあちゃん的な存在でした。多分、赤倉に帰ったんだろうなぁと思います。

本当にありがとうございました。

ブログ一覧へ