12月, 2022年

行者であるということ。

2022-12-30

皆様いかがお過ごしでしょうか。
今年も明日で終わり。新年の準備と日々の仏事に追われております。

さてそんな中、京都にある真言宗系の新聞社「六大新報」の新年号に私の寄稿文が掲載されました。
「津軽の火生三昧について」と題して、自分の感じる事を基に書きました。

行者として津軽で生きる事の大変さはいつの時代も変わらないけれど、その想いは常に忘れずに日々進んで行かなくてはならないと思います。

今年も色々ありましたけど、来年も色々あるんだろうなぁ。
皆さんも、どうぞお身体にご自愛ください。

夕食はお寿司と2日目のカレーライスのカオスな組み合わせでしたけど、今日も美味しく頂きました!
ではまた。

金剛寺のお勤めについての説明文作成。

2022-12-26

皆様いかがお過ごしでしょうか。
クリスマスが過ぎて急に年の瀬感が押し寄せてきたこの頃。
今年は雪が比較的少なくて助かります。

さて、今月もユニセフ親善大使へお心を託しました。

募金を始めてはや3年。これからも世界のどこかで役立って頂けるように継続していきます。

そして今日も金剛寺では変わらずお勤め。
このお勤めは、お参りの方がある限りほぼ毎日、午前10時からご供養と御祈願を合わせたお勤めで、ずっとこのスタイルです。
しかし、初めてお参りに来られる方は最初戸惑われます。どういう風にお参りしたら良いのかが分からずに。
この点にふと思い立ち、この度初めての方用にお勤めの説明文を作成しました。

まだまだ改良が必要ですが、皆さんが安心してお参り頂けるように、これからも改善を心がけていきます。
いずれホームページもリニューアルを予定しておりますので、そのころにはちゃんとご案内出来るかと思います。
皆さんに「良かった」と思って頂けるお寺であるように、頑張ります!
ではまた。

永代精霊、年内最後のご供養会。

2022-12-21

皆様いかがお過ごしでしょうか。
年末も差し迫り慌ただしい毎日です。

そんな中、年内最後の永代精霊月例ご供養を勤めました。
4月に開苑した永代墓苑こもれび。5月から毎月21日を永代精霊のご供養会として、利用者さんと共にお勤めを重ねて参りました。
一緒にゆっくりと般若心経や観音経、ご真言をお唱えします。
開苑してまだ半年ですが、毎回お参りに足を運んで頂ける事に感謝で、さらに一緒にお経を唱える事が出来るという事が坊さんみよりに尽きます。
継続って大事ですね。

来年も皆さんとお勤めを続けていきます。
ではまた。

ギャラリーを取り上げて頂きました。

2022-12-06

皆様いかがお過ごしでしょうか。
寒い日が続いていて、冬将軍がいつ本気を出すのかと心配なこの頃。

さてそんな中、京都の真言宗系の新聞社「六大新報」に第6回金剛寺ギャラリーの記事が掲載されました。

いわゆる業界新聞で真言宗のお寺関係の行事等を中心に発行している新聞です。
ウチのお寺で購読はしておりませんが、京都にいた頃は本山でよく読んでいました。
まさか自分のお寺の記事が六大に載るなんて、夢にも思いませんでした!
とても嬉しいですし、とても励みになります!
地方の小さなお寺の試みを記事にして頂いて。本当にありがたいですね。
これからも励みます!
ではまた。

Copyright(c) 2011 Kongoji.com All Rights Reserved.